採用管理システムとは

採用管理システムでできること

企業にとって大切な人材をどのようにして雇用できるかによって、会社の未来は決まっていきます。採用までには多くの業務が発生しますが、円滑に採用業務を行うための便利なツールが採用管理ツールです。どんなシステムなのか知っておきましょう。

採用のための業務を管理できるシステム

採用管理と一口でいっても応募者の選考状況管理や履歴書管理、評価データ管理など多くの業務を行っていく必要があります。会社の規模が大きくなるほど応募する人も増えるので、業務も増えていくのが特徴です。このような業務を一元管理するために採用管理システムは使用されます。パソコンがあれば採用についてのデータを全て把握することが可能です。
クラウドサーバーにデータを保存するタイプの採用管理システムも多くリリースされており、たくさんの企業が採用しています。現在採用についての情報を、アナログ管理しているという会社や、エクセルデータで全て管理しているという会社はこのような採用管理システムを会社に導入することを検討してみましょう。

業務を自動化して人材を探す

採用状況や応募者のデータを簡単に見える化できるのが、採用管理システムです。単純な作業については自動化することが可能になっています。これによって採用活動で発生する工数を少なくして、応募受付から採用まででかかる担当者の業務が圧縮できます。その結果、コストを減らして、応募者を見極めるための時間をより多くつくることが可能です。良い人材を探したいという会社にとってぴったりのシステムです。
応募から内定までの時間も短くなるので、応募者が辞退してしまうことも防げます。複数の会社の採用選考に応募者は参加することが多いので、採用決定までの時間が短くなるほど人材をより確保しやすくなります。このように多くのメリットがあるのが採用管理システムです。

どのようにして採用管理システムを選ぶか

採用管理システムやツールを選ぶ場合、まず自動化の流れを調べてみましょう。採用管理システムを企業に導入する大きな目的として、採用業務を効率化することが挙げられます。どのくらい効率化できるかは採用業務が自動化できる割合にかかっているので、よく調べておきましょう。自動化できる領域が大きくなるほど、業務をより効率化することが可能です。
次に効果測定機能も大切です。採用した人と採用しなかった人を分析することも採用管理システムの目的となっています。分析によって採用の質をより高めて、業務効率アップを目指せるのが魅力です。また、面接者と候補者のスケジュール調整でミスしないように、他の管理サービスと連携できるかも確認しておきましょう。

コメントは受け付けていません。