重要な採用管理

採用管理が重要な売り手市場

新入社員の採用活動において売り手市場と言われる場合には、企業が学生をやっと採用しても全員が入社するとは限らないこともあります。売り手市場では学生はいろいろな企業から内定を受ける場合が多く、学生がぎりぎりになって別の会社を選択することもあり、そういう意味では企業側の採用管理が必要になってきます。

内定者を入社まで管理し続けること

売り手市場の場合には学生は興味がある多くの企業に対して応募する傾向にあります。企業側の求人数の方が多くなっていること、それと学生自身がまだどこの企業で働きたいのか決めかねているケースもあるため、とりあえずいろいろな企業に出してみようということが考えられます。採用に際し最初はエントリーシートを提出することが一般的であり、企業はそれにより書類選考をおこないます。売り手市場の場合には企業側も予定している採用数よりも多くの学生を採用します。当然内定を出した学生のうち辞退する人を見込んでのことです。そのためどのぐらいの学生を採用したらよいのかという管理も必要になります。過去の売り手市場のデータに基づき採用管理をおこないます。

内定者に対してコンタクトを取り続ける

それにより思い通りの学生数を採用できたとしても、できるだけ学生の辞退者が出ないような採用管理も必要になります。そのために人事担当者としては内定者と頻繁にコンタクトを取って内定者の就職活動の状況を確認します。当社で内定を出したのだから当社に決めて就職活動を辞めて欲しい、というのが人事担当者の本音ですが、そのようなことを発することは最近問題になっていることなので、その気持ちをひた隠し、当社とのつながりを保ち、当社の良いところをアピールし続けます。人事担当者にとっては一番つらい部分ですが地道に採用管理をおこないます。このようにして個別に内定者に対して会社が抱いている期待度や入社して欲しい気持ちを話上手に伝え続けます。

内定者が集合して行うイベント

また辞退者を出さないような採用管理の他の方法として、個別にアプローチを行う以外にも内定者が一か所に集合してイベントを実施する企業も多いです。同時期に入社する学生を集めて研修等をすることで内定者同士が親近感を覚え一緒に入社しようとする気持ちが高まることにつながることもあります。本社で実施するような場合には入社した後の働くイメージを具体的に説明するとともに職場を実際に歩いて回ったり、内定者に入社後のイメージをさせやすくします。ただ逆に集まった学生同士で就職活動の情報交換の場にもなりやすいため、そこで他の内定者から得た情報により別の会社の採用試験に応募してそこ会社に入社する学生も出てくる可能性もあるリスクも持っています。

コメントは受け付けていません。